●興味ある 民芸

2009年2月16日 (月)

上野の十三や

上野のつげの櫛専門店
P1040539
「十三や」さんで
贈り物に「つげの櫛」を入手

*櫛は古代より神のよりつきたもう
神聖なものです
櫛には悪魔災厄を呪圧する力があり
厄除けとして贈り物に喜ばれているそうです。

P1040538_2 
こちらは国産のつげを使い
手作りで櫛を作成されていますshineshine

国産のつげを使用すると
丈夫で静電気をおこさず、
髪の毛の通りも良く地肌への当たりも柔らかで
使い込むほどに艶がでて使いやすくなるそうです。

若林佳子Web

|

2008年4月 6日 (日)

祭寿司とちらし寿司

倉敷に帰省していました。bullettrain
今 東京に帰ってまいりました。
天気もよく 家族で、楽しい休日を過ごせました。

今日の昼食は吉備路で「まつり寿司」を食べましたhappy01
ごはんが見えないくらい具が乗っていますscissors
200804061251001
「まつり寿司」は岡山の有名なお寿司
「ままかり」と並んで好きな食べ物です。

ところで 「まつり寿司」と「ちらし寿司」の違い
みなさんご存知ですか??

cute「ちらし寿司」は
生ものの具が乗っていて醤油をつけながら食べますが
cute「まつり寿司」は
火の通った具が乗っていて醤油は使わずに食べます
「まつり寿司」は岡山の駅弁としても販売されているので
ぜひ食べてみてくださいね。
お刺身など生ものの苦手な方にもお勧めですwink

花作家若林佳子Web 

ランキングに参加しています
いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 花ブログ 押し花・ドライフラワーへ

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

くらしきはりこ

倉敷伝統工芸品の「くらしきはりこ」の「虎」
200803281722000_2

主人の実家より息子の初節句にいただきました。
首を振る仕掛けになっていて
赤ちゃんのころは怖がっていましたが
今年は突っついて遊んでいます
Dsc01371
初節句の写真diamondなつかしいーconfident

cute「くらしきはりこ」の「虎」
男の子が生まれたら元気に育つようにという願いを込めて、
端午の節供に家に置かれる玩具。

花作家若林佳子Web 

ランキングに参加しています
いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 花ブログ 押し花・ドライフラワーへ

| | コメント (0)

2008年3月19日 (水)

さげもん

柳川に江戸時代からつたわる「さげもん」を
雑誌で見かけた 
個性的な暖かいモチーフ
古布を使って一つ一つ丁寧に作られている
非常に興味深い
200803190725000

打ち合わせで
出版プロダクションに出かけたら
そのプロダクションが
「さげもん」の本を出版していた

偶然のシンクロに驚き!!
しかもその本を幸運にもいただきましたhappy01


型紙も当時のものがそのまま
ゆがみも伝統と温かみということで
一切手を加えず掲載されている
200803190722000
本を見ていたら
なんと作品のキットが販売されているということで
早速購入しました

ご興味のある方はこちらです
        ↓
http://hobbycrafts.ocnk.net/product-list/7

さげもんとは

母親や祖母が子供や孫の幸せを願い、
一針一針仕上げたまりと細工物をつるした
愛情がいっぱいの福寿縁起の宝物
一本のひもに7つのモチーフがさげられています

花作家 若林佳子Web

|

2008年3月 3日 (月)

加賀獅子頭箸置き

西武百貨店にて加賀展が開催されています
加賀獅子頭箸置きを入手
200803031340000
5色入りでした
200803031342000
専属の職人によって製作されたものです。
すべて手作りなので時間がかかり、
大最生産はできないそうです。
災いを飲み込んでくれると云われ
縁起のよいものです。happy01
家内安全、立身出世を祈願して作られています。

獅子頭の口は動くようになっていて
お箸を加える姿がかわいいですよねsmile

花作家 若林佳子Web

|

2008年2月 5日 (火)

備前焼の醤油注し

備前焼の醤油注しを使っている
200802051027000
備前焼は風合いも大好きだ
なによりもこの器は
醤油をさした後、後引きしない。
そして一滴一滴ぴたっと止まるので
一滴づつそそぐことができます。
また備前焼の特色のおかげで
入れておくと醤油にこくと照りがでて
おいしくなるみたい(*´ェ`*)

花作家 若林佳子Web

|

2008年1月14日 (月)

籃胎漆器

久留米の伝統工芸籃胎漆器の箸です。

夫の大切な「ラーメン箸」

200801140953000
久留米産らしく久留米絣の袋に入っています
(・∀・)♬♬

籃胎漆器とは
竹で編み、うるしを重ね塗りした竹材工芸品で
上品な趣があり、軽くて型くずれがなく、
酸やアルカリに強く、
使えば使うほど美しい渋味が増します(・∀・)


200801140953001
こちらお箸のズーム画像

箸の先には、ミクロ粒子が混ざった塗料が付着して
目に見えない凹凸があります。
凹凸で麺がうまくつかめ
ラーメンを食べるのにちょうどよい重さです


若林佳子Web

|

2008年1月13日 (日)

寄木細工

寄木細工の箸です
200801122052000

ズームすると
200801122052001

寄木細工
江戸時代末期に始まった
箱根独特の工芸技術です。
明治時代初期
静岡方面の寄木技法が
今日の連続文様構成の小寄木として確立。


いろいろな木の持つ色合いや風合いを組み合わせて、
精緻で幾何学的な模様を創りだす木工芸品です。
押し花画も

葉や花の持つ色合いや風合いを組み合わせて
作品を制作するので
共通点を感じますね。

写真の箸は先日の伊豆旅行で入手しました。
1箱に5本のお箸。
それぞれ異なった寄木細工が施されていて
楽しくなります。

若林佳子Web

|

2008年1月10日 (木)

伊豆の竹細工

伊豆旅行で竹細工の箸置きを入手しました。

200801101030000
えびの箸置き(・∀・)♬♬

200801101030001
かにの箸置き
(・∀・)♬♬

200801101031000
がん是木の箸置き
(・∀・)♬♬

静岡県は竹の生育に適した気候で
よい竹が取れることで有名ですよね。

近くの富士市には「竹取物語」の
かぐや姫と竹取の翁が暮らしたと伝えられる場所があります。

若林佳子Web

|

2008年1月 8日 (火)

修善寺郷土民芸「むぎわら細工」

修善寺で
郷土民芸で伝統工芸として指定されている
「むぎわら細工」を体験いたしました。(・∀・)

P1000024

麦を水で湿らせた後、
手で編んでいきます。
編んでいても麦わらのにおいが心地よいです
200801070205000
私は犬を作りました。(・∀・)

Dsc00001
ご指導いただいた
伝統工芸士でもある先生と記念写真


約300年前に
色とりどりに麦わらを染めて
独楽、竹笛などの玩具に貼りつけて
楽しんだことが始まりです。
花蝶、動物などさまざまなモチーフが
制作されています。
お部屋の小さな調度品として
麦わらの素朴さが愛されているそうです。
ほのぼのとして暖かくて素敵です。(・∀・)♬♬

若林佳子Web

|

より以前の記事一覧